新着情報

TOP > 新着情報 >眼科における診療体制について

新着情報

眼科における診療体制について

2019年10月31日

眼科における診療体制について

現在、当院の眼科においては1名の常勤医師と、非常勤医師により診療を行っております。

新患の受入については、紹介状のない方でも火、水、金曜日に限定して受入を行っていましたが、近年の外来患者数の増加、手術件数の増加により、新患の受入については限定せざるを得ない状況になってきております。

つきましては、大変恐縮ですが、緊急的治療や専門的手術に対応するため、初診患者様(もしくは最終受診日から1年以上経過)の受入については原則、紹介状のある患者様に限定させて頂きます。

また、最終受診日から1年以内の再診の患者様はこれまで通り火、水、金曜日の午前中に予約外診察として受診可能です。

検査    なお、急な視力低下など緊急性のある症状などについては適宜ご相談下さい。
   このようにすることで、重症患者様への対応に重点を置き、手術の必要な患者様の順番待ちの短縮などを図りたいと考えております。
   患者の皆様には大変なご不便とご迷惑をおかけいたしますが、診療が円滑に行えますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

  • 病院のご紹介
  • 施設のご案内
  • 交通のご案内
  • 看護部のページ
  • 広報